桃青コレクション

藤原鏡3点

◇日本 平安時代後期
◇径8.0~11.4cm
◇平安時代中期以降、鏡のデザインが徐々に唐鏡の影響から脱して和様化が進みます。この3点には小鳥・草花・葦(薄)・蝶・楓・流水など日本の自然風景が生き生きと描かれており、平安貴族の好みを知る手がかりともなります。
 

◆画像をクリックすると拡大します。ブログの画像もご覧ください。



金銅鬼面

◇中国 漢時代
◇寸法 本体:縦11.3cm 横13.5cm 額:縦33.3cm 横40.5cm

◇邸宅の門あるいは玄関の壁に取り付けられていた飾り金具。魔除けの効果をねらったも
のか。ご自宅の玄関の壁飾りにどうぞ。 

◆画像をクリックすると拡大します。ブログの画像もご覧ください。


  • 銅造 誕生釈迦仏立像(誕生仏)

◇鎌倉時代
◇像高13.7cm

◇右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と称した誕生時の釈迦の姿をかたどったもの。詳細は本HPのブログをご覧ください。

◆画像をクリックすると拡大します。ブログの画像もご覧ください。



池大雅筆「江山新霞図」

◇池大雅は江戸時代中・後期の画家で、文人画の大成者。
◇額装。額の寸法:天地42.9cm、左右65.7cm。
◇山間地にたなびく霞を金・銀箔を使って扇面に表現しています。大雅は画扇屋を営みながら中国南宗画を学んでいましたので、この絵も画扇屋の商品だったのでしょうか。
絵の左上に「江山新霞 霞樵 印」とあります。霞樵は大雅の雅号の一つです。
 

◆画像をクリックすると拡大します。